MENU

MENU

コロナ禍の3密を避けたロテル・デュ・ラクの「非日常」で癒される。「過ごし方の一例」

2021.03.27

ここには「何もない」があります。

 

ロテル・デュ・ラクのある場所は「琵琶湖国定公園」の中にあり、周囲には人工的なものがほとんど見えない。

自然豊かな場所です。

言葉や文章、そして写真でも、この環境を皆様にお伝えするは難しい。

この「非日常」を感じていただくには、お越しいただかなくては伝えきれません。

とくにこのコロナ禍の中、敷地面積4万坪(東京ドームで言えば3個分)という広大な敷地にたった15室のプライベート

空間が広がります。

でも、ここロテル・デュ・ラクまでのアクセスは比較的楽にお越しいただけます。

名古屋地域からも、京都地域からもアクセスは良く、車でも約1時間30分くらいでホテルに到着できます。

アーバンリゾートとしての機能も考え、ちょっと都会から離れてリフレッシュするのにもピッタリな場所に位置しています。

当面はコロナ感染を防ぐ意味でも、マイクロツーリズムとして、滋賀県内の観光、湖北地域の小さな名所、お店を掘り起こしの旅

をしませんか?

もちろん、ゆっくり静かな環境で、ただただ寝るのもリフレッシュできます。

陽射しが暖かくなるこれからの季節、輝く太陽の陽射しを浴び、琵琶湖の風を感じ、鳥のさえずりを聞きながら、ホテルの広い中庭

で静かに本を読んだり、時にはパソコンを持ち出し、友人とリモートでお話しすることで、英気を養ってみてはいかがですが。

 

【ロテル・デュ・ラクの過ごし方】

1、見晴らしの丘で過ごす

2、中庭「ガーデンテラス」で過ごす

3、記念日に過ごす

 

4、大自然からエネルギーを充電する。

朝陽を浴び、森や樹々からのエネルギーを受ける。

 

ぜひ、この「非日常」の世界を体験しにお越しくださいませ。

スタッフ一同お待ちしています。